GRADUATE'S
VOICE
卒業生の声
小貫はるの卒業生

素敵な住宅をいずれ
自分が提案したい―
それが今の目標です。

小貫はるの
須藤建設株式会社 
本社エリア住宅事業部
美術学部 
建築学科
平成25年卒業
市立札幌平岸高等学校出身
小貫はるの卒業生

お客様の顔が見える仕事。
役に立てたと思える喜び。

住宅建築の仕事に就こうと思い、自然素材をふんだんに用いて風景に調和する住まいづくりをしている現在の会社に入りました。実施設計図を作成したり、役所へ確認申請を提出したりするのが主な業務です。ほかにも現場検査に出向いたり、モデルハウスやオープンハウスで接客をしたり。お客様の顔が見える仕事なので、喜んでいただけると、自分が少しでも役立てたのだと嬉しくなります。
施工エリアが広いので、いろいろな地域に行く機会が多く、移動は大変ですが、それも楽しんでいます。裏方の仕事に向いた性格だとは思うのですが、自分が前に出てお客様に素敵な住宅を提案できるよう力を養っていきます。新しいことに挑戦して成長したいです。
小貫はるの卒業生

小貫はるの卒業生

大学での学び、先生のお話
すべてが仕事に生きています。

建築に興味を持ったのは高校生の時。建築家の倉本龍彦先生の講義を聞いたことがきっかけです。大学へは建築のことが何も分からないまま入学したのですが、学んでいくうちに、難しい半面、楽しい気持ちも強く、建築の勉強が大好きになりました。楽しんで学ぶ力が備わったと思います。
大学で身につけたことのうち業務に直結して役立っているのは、製図、CAD、法規です。でも一般教養を含め様々な授業や行事で学んだことは、どれも無駄になっていないと思います。また、学部を越えて、たくさんの先生方の研究室にお邪魔しました。暖かく迎えられ、お話を聞かせていただいたことが、有意義だった大学生活の思い出として心の支えになっています。
小貫はるの卒業生