GRADUATE'S
VOICE
卒業生の声
水上 真悠子卒業生

大好きなこと=バレーボールを
進路につなげることができました。

水上 真悠子
社会福祉法人 
聖隷福祉事業団法人本部勤務
経営学部
経営学科
平成30年卒業
北海道岩見沢西高校出身
水上 真悠子卒業生

今しかできない選手生活を優先、
Vリーガーとしてがんばりたい。

私は会社員であり、Vリーガーでもあります。
会社員としては、聖隷福祉事業団法人本部(静岡県浜松市)で事務の仕事をしています。この団体は1都8県で、病院や保育園、老人ホームや障害者支援施設など幅広く事業を展開している社会福祉法人です。私は主に、聖隷福祉事業団の職員を対象とした研修に関わっています。
また、Vリーガーとしては、同じく浜松市に拠点を置く女子バレーボールクラブ、ブレス浜松でプレーしています。チームは現在、V2リーグ参戦中、V1昇格をめざして奮闘しています。
星槎道都大学では、教師としてバレーボールの指導者になるという目標を持って勉強していました。先生方の親身で熱心な指導のもと、中学高校の保健体育の教員免許を取得できました。しかし、まずは今しかできないことにチャレンジしたいと思い、バレーボール選手に。努力して取得した教員免許は、セカンドキャリアで自分の大きな武器になると思います。いずれバレーボールの指導者になる、という希望は持ち続けています。
水上 真悠子卒業生

水上 真悠子卒業生

スポーツに力いっぱい打ち込める環境、
希望進路の実現にも力強いサポート。

星槎道都大学の運動部へはレベルが高い人達が全国から集まってきます。スポーツの種目は違えど、日々練習、トレーニングに励む姿は、私のモチベーションであり、自分もまだまだやれる、という気持ちを強くしてくれました。そんな環境でバレーボールに取り組めたので、この大学を選んでよかったと思います。
私がVリーガーの道へと進む決意ができたのは、諸先生や大学職員の方々の支えが大きかったから。当初めざしていた教職から進路を変えても、応援し続けていただきました。大学に入学してから卒業までの4年間に何があるかは誰にもわかりません。やりたいことを見つける、見つけて叶える――それをサポートしてくれるのが、この大学です。
仕事とスポーツの両立を限界まで続け、バレーボール選手として現役生活を全うするのが、いまの自分の目標。様々な経験を積み重ね、いつか北海道へ帰り、教育現場やスポーツ指導に貢献したいと思います。
水上 真悠子卒業生