新着情報 星槎道都大学からのお知らせ

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました

新着情報

このたび、星槎道都大学が行うデータサイエンス教育プログラムは、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」として、2022年8月24日に認定されました。

北海道内の私立大学では、本学を含め3大学が認定されています(1大学は昨年度認定、本学と他1大学が今年度認定)。

本学のデータサイエンス教育プログラムは、小規模文系大学の特色を活かした「学び合い」と「地域課題解決」を軸に、様々な科目を履修することで体系的にデータサイエンスを学ぶことができるプログラムとなっています。グループワーク・ディスカッションによる学生間の知の共有や、地域の課題をデータによって解決するプロジェクト型学習(PBL)により、基礎から演習・実習までを一貫して実施しています。※PBLは今年度秋より実施予定

本学では、今後も情報(ICT)に関する基礎知識・技術はもちろん、経営・社会福祉・デザイン・建築領域をベースとしたデータサイエンス教育を行うことで、 刻々と変化する情報社会に対応し、課題解決や地域振興ができる人材の育成に取り組んでまいります。

本学のデータサイエンス教育プログラムに関する詳しい情報は、特設ページをご参照ください。

(参考)「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」について

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」とは、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、それを適切に理解し活用する基礎的な能力(リテラシーレベル)や、課題を解決するための実践的な能力(応用基礎レベル)を育成するため、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行う大学等の正規の課程(教育プログラム)を文部科学大臣が認定及び選定して奨励するものです。これにより数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力及び実践的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを目的としています。

令和4年3月 15 日から5月 20 日までの間、大学・短期大学・高等専門学校を対象に公募を行い、リテラシーレベル 139 件、応用基礎レベル 68 件の申請があったものについて、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度審査委員会」による審査の上、認定しました。また、認定(昨年度認定を含む)された教育プログラムの中から、先導的で独自の工夫・特色を有するものを「認定教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」として7件、「認定教育プログラム(応用基礎レベル)プラス」として9件選定しました。これにより、本制度における「認定教育プログラム(リテラシーレベル)」は 217 件、「認定教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」は 18 件となります。

文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」

ページトップへ