新着情報 星槎道都大学からのお知らせ

チアリーディング部「EKS DAY 2022スペシャルオリンピックス北海道」へボランティア参加

新着情報

本学チアリーディング部は、7月18日(月)、北ガスアリーナ札幌46にて開催されたスペシャルオリンピックス関連イベントのEKS DAY 2022に参加しました。

EKS DAY(ユニス・ケネディ・シュライバー・デー)とは、知的障がいのある人たちの社会参加と社会的自立の促進を目的にアメリカで誕生したスペシャルオリンピックス(SO)創設者、ユニス・ケネディ・シュライバーの功績を記念して、SO国際本部が7月20日をその日と定めたものです。

このイベントは、知的障がいのある人たちにスポーツする機会を提供する組織のスペシャルオリンピックス日本が主催したもので、当日の参加者は、知的障がい者アスリート、ファミリー・ボランティア、一般・学生(本学から8名が参加)、役員・来賓ほか、「レバンガ北海道」などのプロのチームも参加していました。

コロナ禍により閉塞感漂う昨今、このイベントでは、障がいのある・なしに関係なく身体を動かすことの素晴らしさと、健康の大切さを、アスリートの皆さんと共にボランティア活動を通し、実感しました。

内容としては、ユニファイドスポーツ(知的障がいのあるアスリートと知的障がいのないパートナーがチームメイトとなり、一緒にスポーツをするスペシャルオリンピックス独自の取り組み)体験及び全体レクリエーションとして、バスケットボール、ボッチャ、フライングディスク、チアダンスと、普段馴染みのない珍しい種目もあり、本学チアリーディング部のボランティアも、アスリートの皆さんと一緒になって大いに楽しみました。

その中でも特にチアダンスでは、軽快なポップミュージックをバックに、アスリートの皆さんと一緒に身体を大きく動かして大いに盛り上がりました。
今後も、このようなイベントに積極的に参加するチアリーディング部の活躍を皆様も応援して下さい。

EKS DAY 2022開催案内

星槎道都大学ダンス部・チアリーディング部、札幌ドームの日本ハムファイターズ公式戦で「ダンチャレ!!」参加

ページトップへ