新着情報 星槎道都大学からのお知らせ

大学職域接種(北海道武蔵女子短期大学と共同開催)に伴う公欠の取扱について

新着情報

令和3年10月13日

学生の皆さんへ

星 槎 道 都 大 学    
教学支援グループ 学務課

大学職域接種(北海道武蔵女子短期大学と共同開催)に伴う公欠の取扱について

標記について、下記のとおり周知いたしますので、ご理解・ご対応を宜しくお願いいたします。

【本件に係る公欠対象者】

 本件「北海道武蔵短期大学と共同実施している大学職域接種」の全被接種学生となります。
 ※個別でワクチン接種を行った被接種学生は、個別での処理となります。

【公欠として取り扱う条件】

 ⑴ 本大学職域接種で全2回の接種を終えていること
 ⑵ 接種済の者(接種券の未提出者などは除外します)

【公欠対象の日程】

 公欠対象の日程は以下のとおり「接種日+翌日」となります。
(1)第2回目接種日の ①10月19日(火)②10月20日(水)③10月22日(金)
(2)上記接種日の翌日(副反応が発生した場合)

※翌々日に、発熱等の体調不良の際は、大学ホームページ内の報告フォームへ入力の上、各自で申請してください。
<コロナワクチン接種等に伴う欠席報告フォーム>

【具体的な公欠処理】

 ⑴ 被接種学生が多数存在していることから、学務課から対象者リストを教員へ共有します。
 ⑵ 対象者リストは、原則接種スケジュールを全て終えてからEメール等で教員へお知らせします。
  (教員には、差別的取り扱いをしないことと、個人情報取扱注意を促しています)
 ⑶ 補講やレポート課題など、担当科目教員の指示にしたがってください。
   ※保育士課程や教職課程科目においては、補講を実施します。

【その他】

⑴ 既に個別で公欠処理を行った場合、本件と重複しますが、措置として変わりはありません。
⑵ 各科目の具体的な対応に関しては、科目ご担当の教員へMicrosoft Teamsのチャット等で直接照会してください。

以上

ページトップへ