新着情報
星槎道都大学の新着情報一覧

記事の詳細

【重要】新型コロナウイルス感染拡大に関する連絡事項について

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う遠隔(オンライン)授業への移行準備について】

現在、北海道内、特に札幌市では新型コロナウイルスの感染が拡大しており、その対策を強化することを北海道で検討している状態です。
もし、対策強化となった場合、本学においても現状を踏まえ、危機管理対策本部会議にて検討をし、現在の危機管理ステージ1から引き上げ、対応を進めていく必要があります。
ついては、現在の対面授業から遠隔(オンライン)授業へ移行する可能性が高いことから、学生の皆さんはPCやスマートフォン等のデバイス準備やネットワーク環境の確認、Microsoft Teamsのインストール・起動確認等を進め、履修科目のチーム(Microsoft Teams内で登録されているチーム)で各自登録されているかを確認し、いつでも受講可能な状態にしておいてください。
また、遠隔(オンライン)授業へ移行する際は、大学ホームページやBIND.noteにてお知らせをしますので、常に確認をするようにしてください。

 

【ゴールデンウイーク等の連休中における移動について】

ゴールデンウイーク等の連休中は不要不急の外出だけではなく、行楽、旅行、課外活動そして実家への帰省といった移動する機会が増加する時期です。
本学では危機管理ステージ表にしたがって、都道府県の国内に限らず国外も含み、移動すること(特に「まん延防止等重点措置」を実施すべき区域の宮城県、大阪府、兵庫県、東京都、京都府、沖縄県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県を含む都府県は、北海道からも不要不急の往来を控えるよう協力要請となっています)の自粛を要請します。
現状としては、今以上に新型コロナウイルスの感染拡大が発生し、政府等から一層強い要請が発出され、局地的に移動ができず大学での対面授業を受講できない可能性があります。
このことから、例えばビデオ通話でオンラインによるコミュニケーションで帰省に代えるなど、現在いる場所に留まり、過ごすようにしてください。

 

【ゴールデンウイーク等の連休中における新型コロナウイルスに感染した・又は疑いがある場合について】

連休中は、まずかかりつけ医や保健所等の専門機関に電話等で連絡をし、指示にしたがってPCR検査受診や自宅療養等を行ってください。
連休明けの登学日についても、専門機関の指示にしたがって登学してください。
次に、新型コロナウイルス感染した(又は疑いがある)場合は、以下の入力フォームより大学へ報告してください。
連休明けの授業再開後、感染して完治していない(専門機関の登学が許可されていない)場合は、学務課までご連絡願います。

<報告フォーム(大学ホームページ内に設置)>
学生(本人)の基本情報・学生(本人)の感染(疑い等)の情報 (office.com)
感染源(接触の可能性がある陽性者)の情報 (office.com)