新着情報 星槎道都大学からのお知らせ

【5/12訂正あり】コロナ禍の影響による大学の経済的生活支援 「星槎道都大学 学内ワークスタディ奨学金」の追加募集について(連絡)

新着情報

 

コロナ禍の影響による大学の経済的生活支援
「星槎道都大学 学内ワークスタディ奨学金」の追加募集について(連絡)
(5月21日 訂正あり)

   
 標記の件につきまして、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受け、家計の急変や学生アルバイトによる収入減少等で経済的に困窮している学生に対して、本学の「学内ワークスタディ奨学金」を拡大して下記のとおり募集いたします。

【学内ワークスタディ奨学金とは?】
学生アルバイトの収入減少等で経済的に困窮している学生に対し、学内の各種業務に従事することにより、奨学金を給付する本学独自の在学生奨学金制度です。
この度のコロナ禍に伴う特例措置として、採用枠の拡大や給付額の増額等が令和2年4月28日付け学務委員会にて承認されました。

【募集期間】
(1)第1次募集:令和2年5月11日(月)~令和2年5月15日(金)
(2)第2次募集:令和2年5月18日(月)から随時

【応募資格】
(1)家計

日本学生支援機構奨学金第二種基準の80%未満。
年収・所得金額から規定で定められている特別控除額を差し引いた金額が収入基準額です。収入基準額は所得金額とは異なります。収入・所得金額が下図の金額以下であれば、概ね収入基準額も基準以下となり家計基準を満たします。

(2)成績
学業成績優秀な学生
(3)対象学年
2年生以上を対象
(4)他奨学金制度等との併用
「星槎道都大学在学生給付奨学金」受給者は本奨学金を利用できません。
※(日本学生支援機構の給付奨学金ではありません) 

【採用枠】
採用枠の上限を設けない。全学で5名以上を適宜採用

【採用期間】
5月から採用で原則、3月までの約1年間 (前期成績及び業務状況により9月に継続判定を行う)

【給付額】
基本は時給制とし、上限を設けない。月額50,000円を上限として給付。
(給付額において一部の報道で上限枠の設定があるとされたが上限は設けない)

【業務内容】
(1)5月開始(予定)の遠隔授業の運営サポート
(2)大学の対象部課に所属し、事務補助

【応募方法】
(1)まずは学務課(奨学金担当)へ照会してください。
(2)以下の申請書類を学務課(奨学金担当)へ提出する(ボールペン以外の記入や乱筆は書類を受理しません)。 各様式は下記のリンク先よりダウンロードしてください。
星槎道都大学 在学生奨学金申請書(第1号様式)
星槎道都大学 在学生奨学金申請個人票(第2号様式)
星槎道都大学 在学生奨学金誓約書(第3号様式)
学部長推薦書(第5号様式)※ゼミ担当教員が記入し学部長が署名,押印する。
⑤前年度の家計支持者の収入証明(源泉徴収票、給与等支払証明書、確定申告書等/コピー可)※父母の証明が必要。一方が無収入の場合も「所得証明書(市区町村発行)」等で無収入の証明が必要(どちらか一方の場合は一人の証明のみ)及び家計急変を確認できる書類。

【採用決定】
(1)学務委員会で選考し,学長が採用を決定する。
(2)採用者には、星槎道都大学 在学生奨学誓認定通知書を送付する。
(3)採用者は決定後にワークスタディ計画書(半期毎)(第6号様式)を学務課へ提出する。

なお、本奨学金に関する説明会を以下の日時で開催します。
必要に応じて参加してください。

【説明会日時・会場】
令和2年5月14日(木)13:00~
会場:1306教室  1406教室に変更


<本件に関するお問い合わせ>
星槎道都大学 学務課(奨学金担当)
①電話番号:011-372-8501  ②Eメールアドレス:gakumu@seisa.dohto.ac.jp

 以 上

 

ページトップへ