建築・インテリア業界で活躍する人材を育成美術学部 建築学科

建築デザイン専攻・建築プロフェッショナル専攻

北海道唯一、美術学部の建築学科
建築をデザインの視点で学びます

工学部ではなく美術学部で建築を学べるのは、北海道では星槎道都大学だけ。構造計算や建築法規など、
学びの基本は工学系と同じですが、デザインに焦点を当てて建築を勉強できます。
人々の暮らしを豊かにする建築デザインを目指し、インテリア、住まい、そして都市のデザインなど、
より深く建築の専門領域を学びます。

建築学科専攻紹介

建築学科には2つの専攻。将来の目標に応じて選べます。
どちらの専攻で学んでも、卒業時には二級建築士の受験資格を取得。
さらに、実務経験を必要とする一級建築士の資格試験にも対応したカリキュラムを編成しています。

建築プロフェッショナル専攻

「二級建築士」資格の合格を目的としたカリキュラムで、いずれは独立開業して住宅設計や店舗デザインに携われる建築技術者の養成を念頭に置いています。学生が自信をもって資格試験に臨めるよう試験対策講座が充実しています。この講座は卒業後も受講可能で、合格支援を継続します。

建築プロフェッショナル専攻

コース紹介

■建築技術者養成コース

二級建築士の資格取得に特化したコースです。他のコースでも建築士の資格取得は充分可能ですが、卒業直後の資格取得をめざします。カリキュラムには建築に関する一般的な科目の勉強はもちろん、資格取得のための対策講座も用意しています。

【このコースで学ぶべき主な科目】

・建築法規Ⅰ~Ⅳ ・建築士演習Ⅰ~Ⅳ ・建築施工管理技士演習Ⅰ・Ⅱ ・建築設計演習Ⅴ・Ⅵ ・アクションプログラムⅠ~Ⅷ

■工業科教員養成コース

高校教諭一種免許状を取得し、工業科の教員(教諭・実習助手)をめざすコースです。高校工業科の教員になるための幅広い知識の習得と同時に、教職関係の科目を万遍なく学びます。教員の他、地方自治体職員や国家公務員が進路です。

【このコースで学ぶべき主な科目】

・工業科教育法Ⅰ・Ⅱ ・CAD設計演習Ⅰ~Ⅲ ・建築構造力学Ⅰ~Ⅳ ・プレゼンテーションツールⅠ・Ⅱ ・建築学特講

建築デザイン専攻

都市計画から住まいのインテリアまで建築に関するデザインを総合的に学びます。作品の制作と発表を重視し、プレゼンテーション能力を高めるために3DCADやアニメーション制作なども習得。建築の仕事で活用できる表現技能を身につけます。建築関連の各種資格の取得もサポートします。

建築デザイン専攻

コース紹介

■まちづくりデザインコース

まちづくりやコミュニティデザインをキーワードに幅広く建築学を修めます。建築士のほか、防災に携わる応急危険度判定士の資格についても学べます。主に建設会社(設計施工)、設計事務所、地方自治体職員、国家公務員が進路の目標です。

【このコースで学ぶべき主な科目】

・都市計画 ・建築設備Ⅰ・Ⅱ ・建築環境Ⅰ・Ⅱ ・くらしと景観 ・ユニバーサルデザイン演習

■すまいデザインコース

戸建住宅、集合住宅などの住居建築に特化したコースです。インテリアデザインを中心にインテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、商業施設士などの資格を取得したうえで、住宅メーカーや設計事務所での活躍をめざします。

【このコースで学ぶべき主な科目】

・建築計画Ⅰ・Ⅱ ・建築表現Ⅰ・Ⅱ ・住空間計画 ・インテリア表現基礎 ・インテリアデザインⅠ~Ⅲ

各コースはカリキュラムの履修モデルです。コースや専攻を超え、学びたい科目を履修することが可能です。

授業・ゼミ

スタートアップ演習:
伊藤 裕康 教授

スタートアップ演習

「大学生の学び方」の基本を身につける
4年間学ぶ建築専門科目のノートのとり方やレポート作成、文献資料の収集・引用方法、調査結果発表など、建築の学生として必要な学びの基礎を身につけるための科目です。建築学科の全教員が持ち回りで授業を担当するので、教員を知るよい機会ともなっています。

インテリアデザインⅡ:
安藤 淳一 教授(学部長)

インテリアデザインⅡ

デザインセンスを磨くための体験と実感
講義を通じてインテリアデザインに必要な知識と理解力を身につけたうえで、世界的にも優れたデザインの製品を実際に観て、手に取って、座ってみる体験をします。それらの製品に触れて知った素晴らしさ、その実感をデザインセンスの向上に繋げていきます。

建築設計演習Ⅱ:
日野 桂子 非常勤講師

建築設計演習Ⅱ

住宅設計を通じて学ぶプロの発想と手法
建築は「住宅に始まり、住宅に終わる」とも言われます。この授業では、設計事務所を開設しているプロの講師に学び、住む人のライフスタイルを想定し、それに適した豊かな住空間を計画します。空間のスケールを体感しながら配置計画や生活動線などを考慮することによって、プロの設計手法を学びます。

卒業研究:
佐々木 哲之 特任教授

卒業研究

若く新鮮な発想で挑んでほしい卒業設計
学生各自が興味関心のあるテーマについて1年をかけて研究に取り組み、その成果を「卒業設計・卒業論文」として提出します。提出作品には、問題提起、社会性、新しい提案があることが求められます。若く大胆な発想を期待しています。

星槎道都大生の4年間 ―建築学科編―

1年次

建築や設計に関する基礎知識を覚えることが学びの中心です。改めて建築の面白さに目覚め、1年生ながら学内外の建築設計コンペに参加する人もいます。

1年次時間割

2年次

コンピュータを用いた製図方法であるCADの習得が始まります。建築法規などの専門性の高い授業も増えてきました。建築というものの奥深さを感じられる時期です。

2年次時間割

3年次

「二級建築士」をはじめ各種の資格試験を意識し始める時期です。多くの学生が必須単位を早めに修得して、資格試験の勉強のために時間をつくっているようです。

3年次時間割

4年次

4年間の学習の集大成となる卒業設計の製作に取り組みます。授業も少なく余裕がある学生のなかには、後輩の勉強や製作物を見てやったりする人もいます。

4年次時間割

主な取得可能資格

≪卒業後に受験できるもの≫
  • 一級建築士(実務経験2年で受験資格)
  • 二級建築士(受験資格)
  • 1級建築施工管理技士(実務経験3年で受験資格)
  • 2級建築施工管理技士(実務経験1年で受験資格)
    ※一次試験は在学中に受験
≪在学中に受験できるもの≫
  • 商業施設士
  • 商業施設士補
  • 宅地建物取引士
  • カラーコーディネーター
  • インテリアコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 社会福祉主事(任用資格)

教職課程について

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)

平成30年4月現在、上記免許状の再課程認定申請中です。
ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

主な進路(過去3年間)

  • 青森県庁
  • 紋別市役所
  • ㈱淺沼組
  • ㈱一条工務店
  • 岩田地崎建設㈱
  • ㈱日本ハウスホールディングス
  • 東鉄工業㈱
  • 菱中建設㈱
  • ㈱玉川組
  • ㈱片山組
  • 大東建託㈱
  • 須藤建設㈱
  • ㈱アセットプランニング
  • 恒栄工業㈱
  • 岡村建設㈱
  • ㈱DORAL
  • 内山産業㈱
  • コスモ建設㈱
  • 国豊積算㈱
  • ㈱クワザワ
  • 藤建設工業㈱
  • ㈱石川設計
  • 武ダ技建創㈱
  • ㈱池下設計
  • 日本都市設計㈱
  • 大河原建設㈱
  • ㈲大森建築デザイン室
  • ㈱NLT
  • ウィズユー観光㈱
  • ㈱水上工務店