個性豊かなデザイン力のある
建築家を目標に。
美術学部 建築学科

建築プロフェッショナル専攻・建築デザイン専攻

Faculty of Fine Arts Department of Architecture

社会に貢献する建築のあり方を
デザインする2専攻6コースの学び

建物の設計を主体に、インテリアデザインからまちづくりや都市計画まで、
建築に関わる要素のなかでもデザインを多面的に学べるのが星槎道都大学の建築学科です。
4年間の学びの中で、
建築の現場と、そこで働くプロの仕事を意識して学びます。

北海道唯一、美術学部の建築学科
建築をデザインの視点で学びます

工学部ではなく美術学部で建築を学べるのは、北海道では星槎道都大学だけ。構造計算や建築法規など、
学びの基本は工学系と同じですが、デザインに焦点を当てて建築を勉強できます。
人々の暮らしを豊かにする建築デザインを目指し、インテリア、住まい、そして都市のデザインなど、
より深く建築の専門領域を学びます。

建築学科で何を学ぶか

  1. 美術学部で建築を学べるのは、北海道で星槎道都大学だけです。建築をデザインの視点からも学べます。
  2. プロの建築家として活躍する実務家教員の講師陣による生きた講義・演習を学べます。
  3. 将来の目標に合わせて選べる2つの専攻があります。どちらで学んでも一級・二級建築士の受験資格を取得でき、社会に貢献できる建築家をめざすための学びがあります。

建築学科星槎道都大学の建築学科なら

Point 01.

Point 01.

美術学部の建築学科として
デザインカを重視した学び

デザインの感性を養うため、ショールームや地域の建築物を見て歩くフィールドワークの機会を多く設けています。学生と教員との距離が近い小規模校の長所を活かし、きめ細かな指導を受けられます。

Point 02.

Point 02.

建築士資格試験の合格を
継続支援する講座

建築は資格を必要とする職業です。社会と建築業界に貢献する人材を育てるため、本学科の資格取得をサポートする試験対策講座は卒業後も受講できます。

Point 03.

Point 03.

建築の世界を直に知る
インターンシップを企画

建築業に関わる仕事を現場で体験することは、納得いく就職の前提条件です。星槎道都大学の建築学科では、学生がインターンシップに積極的に参加。企業研修を通じて、建築という仕事への理解を深めます。

建築学科専攻コース紹介

建築学科には2つの専攻。将来の目標に応じて選べます。
どちらの専攻で学んでも、卒業時には二級建築士の受験資格を取得。
さらに、実務経験を必要とする一級建築士の資格試験にも対応したカリキュラムを編成しています。

建築プロフェッショナル専攻

コース紹介

■一級建築士特別養成コース※成績優秀者を選抜し、2年生より所属

【このコースで学ぶべき主な科目】

● 建築表現Ⅰ ● 建築材料実験 ● CAD演習Ⅰ ● 一級建築士演習Ⅰ ● 一級建築士演習Ⅱ ● 一級建築士対策製図Ⅰ ● 一級建築士演習Ⅲ など

■建築構造・設計コース

【このコースで学ぶべき主な科目】

● 図学(建築図学を含む) ● 建築のための基礎数学 ● プレゼンテーションツールⅠ ● 建築の職能と倫理 ● 二級建築士演習Ⅰ ● 鋼構造 など

■建築生産・施工コース

【このコースで学ぶべき主な科目】

● 建築表現Ⅰ ● CAD演習Ⅰ ● 建築生産 ● 施工管理技士演習Ⅰ ● 応用数学 ● 空間計画論 など

■工業科教員養成コース

【このコースで学ぶべき主な科目】

● 工業科教育法Ⅰ ● 工業科教育法Ⅱ ● 応用物理 ● 職業指導 ● 応用数学 ● 空間計画論 など

建築デザイン専攻

コース紹介

■インテリア・すまいデザインコース

【このコースで学ぶべき主な科目】

● インテリア表現基礎 ● デザイン概論 ● インテリアデザインⅠ ● ユニバーサルデザイン演習 ● 色彩環境論 ● 二級建築士演習Ⅰ など

■都市デザインコース

【このコースで学ぶべき主な科目】

● 図学(建築図学を含む) ● プレゼンテーションツールⅠ ● 建築の職能と倫理 ● 建築材料実験 ● CAD演習Ⅰ ● 二級建築士演習Ⅰ など

2021年4月 サブメジャー・プログラム開始!※サブメジャー・プログラムはどれか一つが必修です。
自分が一番興味のある専攻・コースの学びを深める『メジャー・プログラム』に加え、将来の選択肢を広げる『サブメジャー・プログラム』を組み合わせて授業を選択できます。なりたい自分、やりたいことを実現する新たなカリキュラム制度です。
VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ