熱中症注意

熱中症 学務課からのお知らせ

<「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント>

厚労省HPより要約
(1) マスク
マスクは,飛沫の拡散予防に有効ですが,マスクを着用していない場合と比べると心拍数や呼吸数,血中二酸化炭素濃度,体感温度が上昇するなど,身体に負担がかかることがありますので,屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には,マスクをはずすようにしましょう。
マスクを着用する場合には,強い負荷の作業や運動は避け,のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

(2)室内
エアコンがある場合は使用しましょう。新型コロナウイルス対策のためには,冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので,エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。
エアコンのない室内においては,水分補給,扇風機の使用など換気を十分に行ってください。高温多湿になりがちですので,無理や我慢をせず,暑いと思ったら涼しいところへ移動しましょう。

(2)外出
外出は,暑い日や正午からの日差しの強い時間帯を避け,帽子をかぶり,涼しい服装をするように心がけましょう。少しでも体調に異変を感じたら,速やかに涼しい場所に移動することが熱中症予防に有効です。

(3)体調管理
毎日の定時の体温測定,健康チェックにより,平熱を知っておくこと等の健康管理をしてください。また,体調が悪いと感じた時は,無理せず自宅で静養するようにしましょう。

厚生労働省 ホームページより

熱中症予防のために(厚生労働省)20210716

熱中症予防×コロナ感染防止20210716(厚生労働省HP)

<熱中症予防>

脱水症状を起こさせないため,のどが渇いたと感じる前に,こまめな水分補給をしましょう。
水分補給には、水,お茶よりも発汗によって失われた塩分を補うことのできる経口補水液やスポーツドリンク(ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料)を適量取りましょう。
大量の発汗,立ちくらみ,吐き気,頭痛などがおきたときは無理をせず,直ちに内科等の専門医療機関を受診しましょう。
↓ 下記は,環境省の熱中症予防ポスターです。

ページトップへ