SEISA DOHTO
 IDENTITY
ここにしかない
魅力あふれる星槎道都大学。

自分の変化に、自分自身がいちばん驚いている。
卒業時に、そう語る学生が多いのが、
星槎道都大学の何よりの誇りです。
あらゆる可能性が広がっている……
いまは想像もつかない新しい世界が、
あなたを待っています。

社会に必要とされることを創造し、
常に新たな道を切り開き、
それを成し遂げる。

学長飯浜 浩幸

ようこそ星槎道都大学へ。本学のホームページを訪問いただき感謝を申し上げます。
本学は1978年、全国で6番目に設置認可を受けた社会福祉学部と同7番目の美術学部の2学部を擁する道都大学として開学しました。2001年、短大部経営学科を大学経営学部へと改組転換し、現在の3学部4学科体制となりました。2017年には星槎道都大学と大学名を改称し、さらなる発展の一歩を踏み出しております。
本学の学びの大きな特徴は、二つあります。それは、①小規模ながらも、マネジメント・ソーシャルワーク・保育・教育・デザイン・建築・スポーツ関連分野などといった多様な学びを提供していること、②身のまわりや地域にある課題を学修の対象とすることで、学生自らが感じ考えることを促進し、それを仲間と共に学び合い、社会との関わりや世界とのつながりを理解し、ポストコロナの時代に重要視される命とそれを取り巻くものの大切さについて学ぶことです。
本学は2021年4月より、建学の精神である「社会に必要とされることを創造し、常に新たな道を切り開き、それを成し遂げる。」のもと、新たな履修カリキュラム制度をスタートさせました。自分が一番興味のある専攻・コースの学びを深める「メジャー・プログラム」と将来の選択肢を広げる「サブメジャー・プログラム」を組み合わせて授業を選択する、オーダーメイドのプログラムとなります。
本学は、星槎の三つの約束「人を認める・人を排除しない・仲間を作る」を教育理念に、共生社会の実現に資する有為な人材を育成します。