SEISA DOHTO UNIVERSITY
SEISA DOHTO VOICE 在学生・卒業生・教授・講師の声
在学生の声

自分の可能性を
大きく開拓する―
それができる大学です。

奥山 琴美

美術学部 デザイン学科4年
北海道北見北斗高等学校出身

学びの専門性と多様性を通じて
デザイン全般の力が身につきます。

 小さな頃から絵や工作が好きで、高校生になるとデザイナーを進路として考えはじめました。道内でデザインを学べる大学を探していたところ、親に星槎道都大学の存在を教えてもらいました。ここでなら自分の可能性を開拓できそうだと感じたことが、入学の大きな理由です。というのも、分野や専攻を超えて幅広く学ぶことができるからです。
 デザイン学科で言えば、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、WEBデザインなど多様なデザイン分野に触れて、アートやイラストまで学ぶことができます。
 今とりわけ楽しいのは、やはり自分の志望分野であるプロダクトデザインの授業です。デザイン力やデッサン力が高まっただけでなく、コンセプトの練り方や意見交換の際のコミュニケーション方法にも注意が向くようになりました。プレゼンボードを作成するためにソフトウェアの扱いにも習熟して、考え方から技能までデザインに関わること全般が身についた実感があります。

自分の本当の適性や進路を
大学という場で探ってみよう。

 星槎道都大学の良さは、先生と学生の距離が近いこと。何か困ったことがあったり、知りたいことがあったりすれば、気軽に先生に相談できます。それがまた自分の学びを深める大事な機会にもなっています。
 将来は、こうして大学で学んだことを生かし、インテリアや雑貨のデザイン、商品開発に関わる仕事に就きたいです。いずれ独立して、自分のデザインを世の中に発信していけたらと考えています。
 高校生の中には進路に迷っている人、関心ある分野がなくて困っている人も多いかと思います。受験でその後の人生が何もかも決まる、というわけではないでしょう。将来どんな道に進もうか、自分に向いた仕事はどんなものか、大学生活を楽しみながらじっくりと探っていくのもひとつの方法です。大学での深い学びや多様な出会いによって、自分でも気づかなかった思わぬ可能性が開花するかもしれません。

STUDENT'S VOICE 在学生の声

  • 蛯原 直也

    経営学部 経営学科3年
    北海道札幌厚別高等学校出身
  • 千葉 ゆか

    社会福祉学部 社会福祉学科4年
    北海道苫小牧南高等学校出身
  • 奥山 琴美

    美術学部 デザイン学科4年
    北海道北見北斗高等学校出身
  • 井上 広大

    美術学部 建築学科3年
    青森県立青森工業高等学校出身

過去のインタビュー

ページトップへ