SEISA DOHTO UNIVERSITY
SEISA DOHTO VOICE 在学生・卒業生・教授・講師の声
在学生の声

幅広い対応力を持つ
ソーシャルワーカーを目指して
日々の勉強に取り組んでいます。

千葉 ゆか

社会福祉学部 社会福祉学科4年
北海道苫小牧南高等学校出身

緊張しがちな私でも大丈夫。
温かく、相談しやすい先生方。

星槎道都大学に関心を持ったのは、高校での進路選択の際に、自分にとっては必須条件である経済的支援が充実していることを知ったからです。オープンキャンパスに参加してみると、先生方や先輩方の温かい雰囲気にふれることができました。また、欲しい資格がこの学校では2つ同時に取得できることが分かったので、いよいよ進学先として強く意識するようになりました。
入学前に感じた先生と学生との距離の近さは、入学後もやはり変わりません。先生方の研究室は入りやすく、相談しやすい環境になっていますし、リモート学習でもディスプレイ越しに学生の心身の様子を気にかけてくださって、温かさを感じます。私は高校では職員室に入る時にすごく緊張するタイプだったので、研究室をのぞくと「どうした?」と声をかけていただける先生方にとても助けられています。

複雑な福祉の問題に対処できる
ソーシャルワーカーになりたい。

好きな授業は心理学関連のものです。自分のことを相手に開示すると自分も同じ分だけ自分のことを開示したくなるなど、心理学を学ぶと人の心の働きを詳しく知ることができます。社会福祉士の仕事では、人の話に耳を傾けることが大きな割合を占めますから、相手をよりよく理解するためにも心理学の知識は不可欠です。もっとたくさん学んでみたいと思います。
将来はソーシャルワーカーとして、家庭が抱える様々な問題、なかでも複雑に絡み合った問題に対処し、解決の支援ができるようになりたいです。現在は福祉の相談窓口が分野ごとに別々になっているところが多いのですが、困って相談に訪れる人が利用しやすいよう、窓口をできるだけワンストップに近づけることが大切ではないでしょうか。したがって私は、児童福祉や高齢者福祉、障害者福祉など様々な福祉分野の知識を吸収して、幅広い対応力を持った社会福祉士を目指したいと思っています。

STUDENT'S VOICE 在学生の声

  • 蛯原 直也

    経営学部 経営学科3年
    北海道札幌厚別高等学校出身
  • 千葉 ゆか

    社会福祉学部 社会福祉学科4年
    北海道苫小牧南高等学校出身
  • 奥山 琴美

    美術学部 デザイン学科4年
    北海道北見北斗高等学校出身
  • 井上 広大

    美術学部 建築学科3年
    青森県立青森工業高等学校出身

過去のインタビュー

ページトップへ