SEISA DOHTO UNIVERSITY
SEISA DOHTO VOICE 在学生・卒業生・教授・講師の声
教授・講師の声

デザインの力で
素晴らしいケミストリーを
引き起こす人になれ。

林 春生

美術学部 デザイン学科
教授

デザイン力を自分の芯に、
幅広い学びで将来に備える。

 学生が思考と技能の両面でデザインの力を自分のものとし、それぞれの進路を切り開いていけるよう期待を込めて授業づくりをしていきます。
 たとえば「基礎デザイン」の講義では、これまで何気なく観たり触れたりしていたデザインの機能や役割、それが人に与える効果などを身近な例を通じて考え直し、デザインに対する意識を高めます。実践に向けた「専門研究ゼミ」では、マーケットを鑑みたうえでオリジナルのアイデアを生み出し、それを的確にデザイン表現して説得力ある提案にまとめる力を養います。
 本学のデザイン学科の学生は、デザインに関連する諸芸術の授業はもちろん、福祉や経営といった他学部の授業も選択できます。これが意味するのは、より幅広く学べて、より可能性に富んだ人材になりうるということ。あわせて学校の内外を問わず、また机の上だけでなく、何をどう学ぶかを考えて学習体験そのものを上手にデザインできれば、実りある大学生活になるのではないでしょうか。

社会に貢献したい思いを
デザインの学びでかたちに。

 本学のデザイン学科の学生は、純粋で素朴なところが持ち味です。絵を描くことが本当に好きで、素養を伸ばして世界へ羽ばたける学生も多いように感じます。
 また自分に厳しく他人に優しい態度もあり、そんな学生たちが卒業後、世の中でどんな素晴らしいケミストリーを起こしてくれるかを考えるだけでワクワクしてきます。なにより「デザインとは思いやり」ですから。
 いま漠然とではあっても「人のために何かをしたい」と考えている高校生なら、デザイン学科へ進むことを検討してもよいと思います。この学科で身につくのは、自分のアイデアをもとに、あるいは他人の思いをよく酌んだうえで、ゴールを明確に描き、自主的に活動しながら周りを引き込んで成果を上げる姿勢。たとえデザイン関連の職種に就かないにしても、この姿勢はきっとどんな仕事においても役立つはずです。

STUDENT'S VOICE 在学生の声

  • 近澤 潤

    経営学部 経営学科
    専任講師
  • 吉澤 英里

    社会福祉学部 社会福祉学科
    准教授
  • 林 春生

    美術学部 デザイン学科
    教授
  • 小笠原 健

    美術学部 建築学科
    専任講師

過去のインタビュー

ページトップへ