SEISA DOHTO UNIVERSITY
SEISA DOHTO VOICE 在学生・卒業生・教授・講師の声
卒業生の声

教員として、また
アーティストとして、ずっと
成長を続けるのが目標です。

福田 悠野

北海道おといねっぷ美術工芸高等学校
美術学部 デザイン学科 2020年卒業
市立札幌旭丘高等学校出身

大学で学んだことすべてが
今の仕事に生きています。

 美術教員として、美術や工芸に特化した全国でも珍しい高校に勤めています。生徒に教えているのは、画材の使い方や作品制作に必要な知識・技能、ものの考え方や見方。星槎道都大学のアート専攻で学んだこと―デッサンする時のものの見方や描く技術、絵の具や筆の扱い方、作品制作における多様な視点や色彩感覚など―すべてが教員として働く今に活きています。
 生徒が成長していく姿に自分の過去を重ねたり、振り返ったりすることでともに学び、成長できる仕事です。
 初めて送り出した卒業生から「先生が励みだった」という声を聞いて、私の方こそ生徒たちにたくさん励まされていたことを実感しました。教員になってよかったと思いました。これからも美術を教えることで、生徒たちに必要とされる存在でありたいです。仕事に真っすぐ向き合い、深く考え、「成長し続けられる人間」でいることが、今の私の目標です。

創造性を伸ばす支えになった
先生のアドバイス、友人の支え。

 もともと絵画や演劇など表現活動に大いに関心があり、社会に出る前に美術についてもっと学びたくて星槎道都大学に進学しました。先生のアドバイスや友人の支えもあって、在学中には多くの作品を制作することができました。なかでも水彩画が得意分野になり、また創作テーマの軸が定まることで創造性の面で大きく成長できたと思います。
 卒業制作展やゼミ展、個展など学内外で作品を展示する機会が多かったこと、それから公募展への出品作を評価してもらったことが、達成感や自信につながりました。
 このように大学での創作活動が楽しく、美術に携わる仕事をしたいと考えて美術教員の免許を取得。またライフワークとして自分の創作活動も続けています。
 私はもともと子どもが好きで、在学中から子どもをモチーフに作品を作り続けてきました。2021年にはそうした作品で個展を開くことができました。創作活動が自分を成長させてくれます。

STUDENT'S VOICE 在学生の声

  • 菊地 駿汰

    経営学部 経営学科 2020年卒業
    北海道富良野高等学校出身
  • 須藤 彩香

    社会福祉学部 社会福祉学科 2019年卒業
    北海道文教大学明清高等学校
    (現 北海道文教大学附属高等学校)出身
  • 福田 悠野

    美術学部 デザイン学科 2020年卒業
    市立札幌旭丘高等学校出身
  • 小貫 はるの

    美術学部 建築学科 2013年卒業
    市立札幌平岸高等学校出身

過去のインタビュー

ページトップへ