SEISA DOHTO UNIVERSITY

学部・学科紹介

社会福祉学部 社会福祉学科

  • 社会福祉専攻
  • 保育専攻
  • 教育専攻

教員紹介

星野 秀治

専任講師

星野 秀治

HIDEHARU HOSHINO

法や制度が、個人のライフコースに、どのような影響を与えているか(/どこまで影響を与えるべきか)について研究しています。

学位
学士(文学)(岡山大学)
修士(法学)(九州大学)
博士(社会福祉学)(熊本学園大学)
主要担当科目
「社会保障Ⅰ」
「社会保障Ⅱ」
「権利擁護を支える法制度」
「貧困に対する支援」
「キャリアデザインⅡ」
研究テーマ
・法や制度が障害者・氷河期世代等にもたらしている不利益のメカニズム
・自立支援を支える制度とその法的・規範的な限界
所属学会及び
社会における活動等
日本社会保障法学会、日本障害法学会、障害学会、
日本公認心理師協会、日本人間性心理学会、日本キャリアデザイン学会、
Asia Pacific Career Development Association
主な業績・経歴
(著書)
・ 共著『社会保険改革の法理と将来像』法律文化社 (2010)
・ 共著『新たな時代の社会保障法』法律文化社 (2022)

(論文)
1. 社会保障における負担の免除に関する検討――社会保険料が最低限度の生活を侵害することの是非に関する法的検討(修士論文):九州大学(2002)
2. 老齢基礎年金の構造と保険原理の在り方についての考察――保険料免除期間の算入の問題を中心に(査読付):『社会関係研究』19巻1号(2013)
3. 社会保障の給付要件としての貢献・地位・地位の積み上がりについての考察――日本とカナダの基礎年金及びベーシック・インカムの相互性の構造についての分析から(査読付):『社会関係研究』20巻1号(2014)
4. 老齢基礎年金についての規範的検討――障害学におけるディスアビリティ概念を手がかりにして(研究ノート):『社会関係研究』20巻2号(2015)
5. 基礎年金の法的構造の分析と規範的検討(博士学位論文):熊本学園大学(2015)

・ その他につきましては、リサーチマップを参照ください。
 https://researchmap.jp/read0154095

ページトップへ