SEISA DOHTO UNIVERSITY

社会福祉学部 社会福祉学科

2020.06.08 4月に着任した先生のご紹介 第4弾 👨
社会福祉学部 社会福祉学科

おはようございます。今日はマイク🎙を握っている堀川厚志先生をご紹介します。札幌市出身の堀川先生ですが、「ふるさと」と言えば美幌!(オホーツク管内の網走と北見の真ん中にあるマチ)と言い切るほど、幼少から中学校までを美幌町で過ごしたそうです。

本学に着任する前は、北海道立特殊教育センターにおける研究員や教育室長を歴任され、特別支援学校の校長先生として勤務していました。「10校くらい異動があったかなぁ🏫」知的障害教育に関する研究を進めている堀川先生は、本学においても「特別支援教育総論」や「知的障害児の心理・病理・生理」の科目を担当しています。

好きな食べ物は?と質問すると、〇〇の活たこ、〇〇の辛みそラーメンetc.何やら食べ歩きを満喫していますね!
イタリアンジェラートのお店もチェックしているようですよ🍦体脂肪率が気になるところです(-_-メ)。大事にしている言葉があるそうで、ずっと27日のままの卓上日めくりを見せていただきました。『いくつになっても新しいことは始められる』この言葉通りに「T・M・N」を実行中だとか??? たび・まご・ねこ(=^・^=)

ほかにもアルファベットの頭文字を組み合わせて「AC」広告ではない!「TBC」エステじゃない!!など独自路線で「遊び心」に「チャレンジ」・・・

堀川先生のゼミ生は「TBC」の解明から取り掛からないとだめですね💦

学生自身が「続ける楽しみを見つけて自ら動く!」そのためにTBCを心がけながら接したい、と話していました。頭文字の意味を知りたい方は、ぜひ堀川研究室をお訪ねください!2号館8階です。8階からは、アトリエ棟やラグビー場の芝等気持ちの良い緑を眺めることができます!堀川厚志先生の紹介はこちら☚

ページトップへ