SEISA DOHTO UNIVERSITY

美術学部 建築学科

2023.11.08 ユニバーサルデザイン演習の体験学習
美術学部 建築学科

 ユニバーサルデザイン演習(2 年生)では、校舎内のトイレを、ユニバーサルデザインの視点で改修する課題に取り組んでいます。課題に取り組むため、まず補装具を使い高齢者、右麻痺の障がい者の身体状況を体験してもらい、健常者とどのような体の動きが異なるのかを理解してもらいました。次に、自走用と介助用それぞれの車椅子の基本的な操作に慣れてもらい、日本家屋のような狭い廊下を介助用車椅子で通行するという模擬空間で体験してもらいました。丁寧で慎重な操作が必要かを学ぶことができました。 (文責:安藤淳一)

高齢者の身体状況を体験する様子
右麻痺の身体状況を体験する様子
介助用車椅子で狭い廊下を走行する様子
ページトップへ