地域貢献について
~地域との連携を強化~

星槎道都大学地域総合研究所は、地域と大学を結ぶ窓口として平成25年4月に設置されました。大学と地域の資源を互いに活用し、
win-win(両者が高め合う)の関係を築くことを目的としています。

星槎道都大学地域連携推進センター
   ~研究活動報告書~
平成29年4月1日より、「道都大学地域連携推進センター」は、「星槎道都大学地域連携推進センター」に名称変更致しました。
北広島市と包括連携協定を締結 由仁町と包括連携協定を締結

より地域に開かれた大学をめざし、北広島市と包括連携協定を締結。市が課題としていることと、大学が有している財産をマッチさせ、北広島市の活性化につなげることが期待されています。これにより学生の学びの機会は学外へとさらに広がり、より実践的な取り組みが可能となります。まちの中でさまざまなイベントや地域の活動にかかわることが望まれます。

北広島市に続き、2015年4月には、由仁町と包括連携協定を締結。協定は、相互の資源を活用した連携を強化することを目的とし、地域活性化に関すること、地域支援に関すること、地域人材の育成に関すること、学校教育・社会教育の支援に関することなどを内容に盛り込んだ包括連携協定となります。本学は、今後も地域共生型大学の構築を目指して、活動を加速していきます。

公開講座について

本学では、北広島市民の皆様対象に公開講座を行っています。
福祉、経営、美術に関する講座の他、来賓を招いて特別講演を行うこともあります。

ぜひ気軽にご参加ください。

これまでの主な取り組み

本学学生がパーソナリティーを務める新番組「Live café スカイブルー」がスタート!

6月6日(土)より、北広島FMメイプルにて本学学生がパーソナリティーを務める新番組「Live café スカイブルー」がスタートしました。

北広島の発展に寄与すること・道都大学と学生や市民との懸け橋となること・ラジオ放送を通して星槎道都大学の学生の精神的成長を促すことを目指し、企画・取材を学生が行います。

「Live café スカイブルー」
北広島FMメイプル(79.9MHz)毎週土曜日・13時~14時
ぜひお聴きください。

経営学科教授 鈴木重政先生がラジオに出演しました。

昨年10月4日(土)より、経営学部准教授 遠藤均先生がパーソナリティーを務めている北広島FMメイプル「風の風景」(毎週土曜日・12時~13時)の6月6日の放送にゲストとして出演しました。

なお、6月20日の放送には由水伸 経営学部長、
6月27日の放送には山本学長の出演を予定しています。
ぜひお聴きください。

山本一彦学長がラジオに出演しました。

5月23日(土)13時~
北広島FMメイプル「風の風景」

内容は、50周年記念式典をはじめ、大学に関すること、サイクロンの被害にあったバヌアツ共和国への募金、学長のギター演奏等を予定しています。

経営学科教授 鈴木重政先生がラジオに出演しました。

5月21日(木)20時~21時
新札幌のFM放送局
『Radio D FMドラマシティ』(77.6MHz)の番組
「厚別ひと物語 街、夢、想い」にゲストとして出演しました。

「きたひろしまシニアパソコン大学」講座開講式

平成27年4月14日(火),北海道社会福祉協議会及び北広島市教育委員会の支援と道都大学の協力により、平成19年度から地域の中高年者の生きがいづくり、仲間作りなど、福祉増進事業として産声を上げ、今回で9回目の開講式を迎えました。晴れの開講式には、昨年度からの継続者15名、新受講生30名、計45名の受講生が出席しました。これからの約1年間は、星槎道都大学の学舎にて、まさしく、大学生になった気持で学びと生きがいづくり、そして、仲間づくりを目指し、週1回の講座に参加するため、星槎道都大学に通うことになります。

北広島市との包括連携協定 -高校生バンド大会-第4回キタヒロ軽音フェス開催

平成28年3月6日(日)、高校生バンド大会 第4回キタヒロ軽音フェスが開催されました。 キタヒロ軽音フェスは、バンドに打ち込む高校生のみなさんに経験値や自信を身に付けてもらうこと、本学学生に大会運営を通じて社会的経験を積んでもらうこと、そして北広島市を身近に感じる人が増えることを願い、企画・開催しております。回を重ねる毎に参加者・来場者ともに増え、第4回は8校19バンドが出演、参加者・来場者等あわせて約280名が北広島市芸術文化ホールに集いました。どのバンドもとても素晴らしい演奏で、レベルが高く、感動をたくさん頂きました。今後の出演者の活躍も見逃せません。出演された高校生バンドの皆様、またご来場いただきましたすべての皆様、ありがとうございました。また、本大会の開催にあたり、ご後援ご協力をいただきました関係者の皆様へ感謝申し上げます。

第4回キタヒロ軽音フェス 各賞受賞バンド

最優秀バンド賞  ユメヒグレ       札幌平岡高校
道都大学学長賞  EAST SIDE STREET    札幌開成高校
北広島市長賞    アパルトノア      札幌平岸高校
審査員特別賞    Siestazee       札幌平岡業高校

2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて組織委員会と協定を締結

星槎道都大学は、同大会の成功に向け、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「組織委員会」という。)と協定書を締結いたしました。道都大学は、たいへんスポーツが盛んで高いレベルの実績がありますが、一方では、福祉学部の活動を契機として誕生した(*)アダプテッドスポーツ部が、地元の福祉関係団体等と連携して活発に活動しているという実績があります。本学はこれらの経験を活かし、地元とも協力しながら、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けた活動に取り組んでまいります。

「アクティブチャレンジ2014in紋別岳」にアダプテッドスポーツ部が参加

7月12日に開催されたアクティブチャレンジ2014in紋別岳にアダプテッドスポーツ部8名が参加しました。このイベントは、車椅子でアフリカ大陸最高峰キリマンジャロの登頂に成功した猪飼嘉司氏と代表の武田功氏を中心に「チャンス・チャレンジ・チェンジ&エンジョイ」というスローガンを掲げ、障害があっても積極的に活動してほしいという思いから生まれた企画で、車椅子に乗る小学生を中心に彼らを支援するサポーターら約70名で紋別岳に挑むという企画で、朝から天気にも恵まれ絶好の登山日和となりました。山頂では生憎の雨となりましたが、山頂に登るまでの困難を乗り越えてきた皆さんが笑顔だったのが印象的でした。

北広島市長による講演と抽選会で新入生歓迎会を開催

平成26年5月17日(土),星槎道都大学新入生歓迎会は,上野正三市長による「北広島市の歴史とまちづくり」と題した講演で始まり,北広島市ゆかりの3人の偉人の紹介がありました。講演後には,北広島市から提供された景品抽選会が催されました。講演終了後は,学校法人国際学園から提供のジンギスカン50kgや肉・野菜等が振る舞われ,大いに食し,大いに語らい,北広島市への理解を深めながら,準備に奔走した教職員とともに有意義な時間を過ごすことができました。

〈地域連携についての問い合わせ先〉
〒061-1196 北広島市中の沢149番地
Tel:011-372-3111(代) Direct:011-372-8041 Fax:011-372-2580
E-mail:DUrenkei@dohto.ac.jp
星槎道都大学 事務局長 酒 井 純 一