誰もが大切にされる社会をつくる社会福祉学部 社会福祉学科

ソーシャルワーク専攻・こども保育専攻・福祉心理専攻・特別支援教育専攻

Faculty of social Welfare Department of Social Welfare

支援を必要とする人びとを見守り支える仕事に
必要な知識と心構えを実践的に身につけます。

たとえば2年次には「オレンジリボン運動」、
3年次には「認知症キャラバン」といった福祉の啓発活動に参加する学生たち。
星槎道都大学の社会福祉学科では、学生が大学の外で地域の人たちと交わりながら、
実践的に学ぶ機会が多いのです。

社会福祉学科で何ができるか

  1. 関心や目的、自己の将来像に応じて専攻を選んだうえで、福祉の仕事に求められる知識・技能を深く学ぶことができます。
  2. 少人数制の演習や実習指導を通して知識を実践に結びつけ、高い専門性や豊かな社会性を養うことができます。
  3. 充実した対策講座を活用し、社会福祉士をはじめ、精神保健福祉士、保育士など各種資格の取得に励むことができます。

社会福祉学科星槎道都大学の社会福祉学科なら

Point 01.

Point 01.

社会福祉士をはじめ国家試験の現役
合格を手厚く支援

2年生から4年生を対象に「社会福祉士国家試験対策講座」を開講し、資格取得をバックアップ。全員の現役合格を目指します。講座では本学部のカリキュラムで国家試験指定科目を担当するベテラン教員が指導し、民間の社会福祉士国家試験対策アドバイザーとも連携しています。各種資格の取得にあたっては、学生が必要な科目を計画的に履修できるよう、履修アドバイザーを務める教員を配しています。

Point 02.

Point 02.

「子育て支援ソーシャルワーカー」養成

保育士と併せて社会福祉士の資格を持つ子育て支援ソーシャルワーカーのニーズが高まっています。これは、子どもの発達に関する悩みや家庭生活の心配など、保護者からの相談を聞き、助言をすることで子育てを支援する仕事です。必要な資格が同時取得できる星槎道都大学は、この子育て支援ソーシャルワーカーの養成に取り組んでいます。

Point 03.

Point 03.

現場で活躍する先輩による独自の就職説明会

星槎道都大学の社会福祉学部は、道内ではこの分野としては早くに設置された歴史ある学部です。すでに多くの先輩が福祉の仕事で活躍しています。そこで得られた経験や人脈という財産を学生に提供してくれるのが、社会福祉学部独自の就職説明会です。毎年、母校を訪れた先輩方がリアルに語る「福祉の現場、福祉の現在」は、大いに勉強になります。実習先を決めたり、就職につながったりするような情報も、しばしばここで伝えられます。

VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ