アートとデザインの力を養う美術学部 デザイン学科

アート専攻/デザイン専攻/イラスト・マンガ専攻

Faculty of Fine Arts Department of Design

基礎から学び、自分の得意を伸ばす。
確かな指導でアート・デザインに関する
技術・感性を養う。

たとえば、高校時代に絵筆を持ったことのない人でも、
美術に強い関心を持ち、作品づくりへの意志があるなら、
星槎道都大学のデザイン学科は理想的な学びの場になるでしょう。
その意志を成果につなげる確かな指導があるからです。

デザイン学科で何ができるか

  1. 美術や制作活動の未経験者でも、これから真剣に取り組みたい人なら、懇切丁寧な指導を受けることができる。
  2. 創作活動を後押しする雰囲気と、アトリエ棟や造形デッサン室をはじめとする恵まれた創作環境で、作品づくりに没頭できる。
  3. イラストレーションやマンガの制作を大学で専門的に学ぶことができる専攻があるのは、道内4年制大学では星槎道都大学だけ。

デザイン学科星槎道都大学のデザイン学科なら

Point 01.

Point 01.

アートとデザイン、両方を学んで創作の幅を広げる

アートとデザインは、表現のうえでも、発想のうえでも互いに浸透しあい、作品世界を豊かにします。星槎道都大学のデザイン学科では、アートとデザイン、さらにイラスト、マンガ、アニメまで幅広く勉強できます。1・2年次では、それぞれの基礎を幅広く、3年次以降はゼミ形式でより実践的に。絵画、彫刻、工芸、グラフィックデザイン、CG、イラスト、マンガ、アニメのほか多彩なジャンルから複数を選択して学ぶことは、創作にとって欠かせない養分となるはずです。

Point 02.

Point 02.

公募展やコンクール、作品発表の機会が数多くある

思う存分に創作に取り組みたい、つくった作品を発表したい――学生の意欲に応え、その想いを具体的な創作活動へ導くよう、デザイン学科のすべての教員が真剣に、丁寧に指導にあたります。作品発表の場として学内外の個展やグループ展の開催を支援するほか、道内外の公募展や国際コンペにも積極的に応募するよう励ましています。デザイン学科の学生の中には、在学中からその作品が注目される者も出ています。

Point 03.

Point 03.

創造力を伸ばし、将来につなげる的確な指導がある

一人ひとりの作品をじっくりと見ながらアドバイスできる少人数制の教育です。いずれの専攻においても、初心者から経験者まで、それぞれの学生の力量や成長に応じた的確な指導を行います。学生は創作を中心に4年間の学びを通じて個性を見出し伸ばしながら、専門の業界へ進むうえで必須のスキルも養えます。デザイン業界への就職志望も、あるいはアーティスト志望も、どちらも応援します。

VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ