建築・インテリア業界で活躍する人材を育成美術学部 建築学科

建築プロフェッショナル専攻/建築デザイン専攻

Faculty of Fine Arts Department of Architecture

デザイン力ある建築家を目指す人に
充実した学びの機会で応えます。

建物の設計はもちろん、内装に至るまで、
建築に関わる様々な要素をデザインをキーに多面的に学べるのが
星槎道都大学の建築学科です。
この学科の4年間のうちには、建築の現場と、
そこで働くプロの仕事が意識できる場面もたくさんあります。

建築学科で何ができるか

  1. 美術学部で建築を学べるのは、北海道では星槎道都大学だけです。建築をデザインの視点からも学ぶことができます。
  2. 建築の世界で活躍する講師による、生きた講義が聞けます。現場を知るプロから多くを学ぶことができます。
  3. 将来の目標に合わせて選べる2つの専攻があります。どちらで学んでも、卒業時には「二級建築士」の受験資格が得られます。

建築学科星槎道都大学の建築学科なら

Point 01.

Point 01.

美術学部の学科としてデザインカを重視した教育

美術学部の建築学科としてデザイン系の学びを重視します。デザイン学科の授業を履修し、学びを一層深めることも可能です。講義だけでなく、ショールームや地域の建築物を実際に見て歩くフィールドワークの機会を多く設け、建築に必要なデザインの感性を養います。製図や建築模型などの作品づくりにおいても、学生と教員との距離が近い小規模の良さを生かし、きめ細かく、丁寧な指導を受けることができます。

Point 02.

Point 02.

建築士資格試験の合格を支援する
カリキュラム

建築業界で活躍するうえで必須ともいえる「二級建築士」資格。星槎道都大学の建築学科では、どちらの専攻で学んでも、卒業時に二級建築士の受験資格が得られます。さらに建築業界において2年以上の実務経験を積めば、一級建築士の受験資格を得られます。建築学科では一級建築士の資格試験に対応したカリキュラムも用意しています。また、教職課程を履修することで、卒業時に高校教員の免許(工業)も取得可能です。

Point 03.

Point 03.

建築の世界を直に知るインターンシップを企画

設計事務所と建築現場の違い、企業規模や業態による差など、建築の仕事といっても、ひとくくりにはできません。建築に関係する職種にはどんなものがあるかを実地で知ることが、将来の納得いく就職の前提条件となります。星槎道都大学の建築学科では、2年次の後期以降、希望する学生を対象に2週間程度のインターンシップを実施。札幌近郊や学生の地元などにある企業で研修し、建築という仕事や建築業界に対する理解を深めます。

VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ